あなたの町のパソコン屋さん

パソコン修理、販売、各種設定、教室までたのみま専科になんでもお任せ

パソコンサポートショップ

たのみま専科 お問い合わせはコチラ

サイトマップ

ご相談・お見積もりは100%無料!!お気軽にご相談ください

 0586-58-3345 (月曜定休)
営業時間:AM9:30~PM7:00
2017年05月27日

大事なデータを失わないために

 パソコンはある日突然起動しなくなったり、記録装置(HDD、SSD等)が故障したりということが起きます。
大事な文書や記念の写真などが消えてしまうということもよくあることです。

 ですからパソコン内のデータで無くなったら困るというデータや、仕事で使う重要なデータは、CD-RやDVD、外付けハードディスク、USBフラッシュメモリーなどにコピーして保存しておく必要があります。

 このようなデータを保存できる機器や場所をストレージやメディア、媒体といいます。
 外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリーでは、USBでパソコンにつなぎマウスでドラッグ&ドロップすれば簡単にコピーできます。
 こうしたほんのわずかな作業、数分の作業が、明暗を分ける時があります。

 そもそもバックアップとは、データをコピーして別のものに保存しておくという意味です。
 パソコンにあるデータを移動させるのではなく、パソコンにあるデータをコピーしてそれを他のストレージ・媒体にも保存するというのが正しいバックアップの方法です。
 要は2つ以上のデータを所持することで、データが消失した場合に備えることです。
 一つしかないものが消えてしまって元に戻せなくなったら困りますよね(^^;)

 最近では、個人データをターゲットにするウィルス(ランサムウェア)が猛威を振るっています。
 今まではバックアップを行えばデータの消失は防げましたが、ウィルスもデータ消失に大きく影響するようにまりました。
 ランサムウェアの活動は感染したパソコンからアクセスできるデータを片っ端から暗号化していきます。
 バックアップした媒体をパソコンに繋いだままにすることで、ランサムウェアの餌食になることもありえます。
 バックアップした媒体はバックアップ時以外は取り外しておくか、電源を切っておくなどの対策も必要です。
 大事なデータをなくさないために面倒でも以上の行為を参考にしてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
たのみま専科
http://tanomimasenka.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県一宮市今伊勢町宮後字壱丁野14-27
TEL:0586-58-3345
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆