あなたの町のパソコン屋さん

パソコン修理、販売、各種設定、教室までたのみま専科になんでもお任せ

パソコンサポートショップ

たのみま専科 お問い合わせはコチラ

サイトマップ

ご相談・お見積もりは100%無料!!お気軽にご相談ください

 0586-58-3345 (月曜定休)
営業時間:AM9:30~PM7:00
2017年06月05日

スマホ、タブレットの寿命

 皆さんご存知かと思いますが、現在販売されているスマホ、タブレットの大半はAndroid系かiOS(アップル製)系の2種類です。
 iOS系はアップル製の製品で、iPhone,iPad,iPod等で使用されています。
 アップル製以外の製品がAndroid系OSを採用しています。
 iOSが一社独占に対し、Android系は各企業が採用しているため、構造や画面の構成も各社で違う部分があります。

今回はスマホ、タブレットを系列から見た場合の寿命(賞味期限)を私なりに考えてみました。

OSから見た場合の寿命:
 Android系機器に関しては基本的にOSのバージョンアップが行われないため、購入後2年位経過するとOSバージョンが古くなり、インストールできなくなるアプリがちらほら出て来て不便になります。
 Apple製品の場合はiOSの更新がある期間行われるためAndroidに比べ延命できますが、バージョンアップのたびに動作が緩慢になっていく傾向があります。

電池の寿命から見た場合寿命:
 どちらも充電回数が200回を超えると充電容量が低下していき、最後はアダプターを繋げないと使えなくなります。
 毎日充放電を繰り返した場合1年足らずで電池の劣化が始まる勘定です。
 家の中でしか使わないのであれば何とかなりますが、スマホでは電池交換をするしかありません。
 電池交換はAndroid系機器に関しては裏蓋を開ければ取り換え可能のものが多いですが、Apple製品の場合保障、修理の関係で個人で解体することすら禁止されています。
 よって電池交換が必要な場合は、アップルストアに持ち込む必要があります。

機器の性能から見た場合の寿命:
 パソコンのCPUの性能向上に比べスマホ、タブレット系のCPUはまだまだ発展途上で、性能向上の頻度が大変多いです。
 iOS、Andoroidに使用されるどちらのCPUも、どんどん性能が向上し続けています。
 性能が向上すればそれに見合ったアプリが開発され、それによって古いCPUでは動作化が緩慢になるか、インストールできなくなる可能性があります。
 パソコンのCPUが5年が賞味期限と考えた場合、スマホタブレットはその半分以下ではないかと思います。

 スマートフォン、タブレットは2年で交換の消耗品と考えた方がいいと思います。契約の縛り期間も同じ場合が多いです。

 独断と偏見があると思いますが、私の考えるスマホ、タブレットの寿命(賞味期限)です(^^;)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
たのみま専科
http://tanomimasenka.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県一宮市今伊勢町宮後字壱丁野14-27
TEL:0586-58-3345
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆